////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//■本当のことをお話しなければなりません
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▼まだ、お金をドブに捨て続けるのですか?▼
http://www.go-pj.com

こんにちは、相田です。

今回は、金利引下げについてです。

早くて、次期の臨時国会で成立しそうです。

本当のことをお話しなければなりません。


自民党が9/15の合同会議で意見の取りまとめを終えたようです。
気になる金利規制は・・・
(自民党案)
(1)貸金業規制法43条のみなし弁済制度を廃止
(2)出資法金利を公布から施行まで1年、施行後2年で
    20%に引き下げ。
(3)利息制限法は、50万円未満 20%、
    50万〜500万未満       18%
    500万以上           15%

わかりにくいので、まとめると・・・

出資法は上限29.2%⇒20%になります。

利息制限法は、10万未満     20%⇒50万円未満     20%
       10〜100万未満 18%⇒50〜500万未満  18%
       100万以上    15%⇒500万以上     15%

良く見てください。利息制限法は上がっています。
今までと、10万以上50万未満の人は2%
100万以上500万未満の人は3%
利率が上がることになります。


ところで、この法改正は、どういう現象を引き起こすのでしょうか。

あくまで、わたくしの私見ですが・・・

まず、この法案は、多重債務者を無くすために、

業界側に圧力をかけまくってゴリ押しした法案です。

貸し手が悪い悪いと言って、

議論している最中に大手の業者に立入検査などして、

そうやって、出した金融庁案にも政務官が甘すぎると言って辞したりして、

自民党で何日もかけて、バタバタとまとめあげた法案です。

この法案を通す事で、貸し手に対しては、一旦落ち着くと思います。

しかし、金利問題以外にも、規制強化が目白押しのため、大多数の業者が、

市場から退出を余儀なくされ、現在借りている既存顧客の破綻が予想されます。

過剰貸付の強化によって、借り手は借りられなくなってあぶれてしまいます。


そうなると、貸し手は責任を果たした。では、借り手の責任はどうなのか

というものに、焦点が当たります。

つまり、その時になって、借金を解決しようとしても、

利息制限法の適用金額も一部上がっていますし、

世論も味方につけられないかもしれません。

裁判所の判断も、現在の貸し手に厳しい判断から、

借り手に厳しい判断になるかもしれません。

いろいろ、ゴチャゴチャ言いましたが、

私が言いたいのは、

そんな、借り手に厳しい世の中になる前に、

今のうちにスパッと、借金を解決すべきという事です。


▼スパッと、ね▼
http://www.go-pj.com

--------------------------------------------------------------
過払い金強奪プロジェクト
「ワルの超借金返済術」
発行者 相田貴志

URL:http://go-pj.com/
お問合せ ask526@go-pj.com
-----------------------------------------------------------


前へメルマガTOPに戻る後へ

TOPに戻る