/////////////////////////////////////////////
//■企業としてのモラル
/////////////////////////////////////////////

こんにちは、相田です。

最近、朝、寒くないですか?

半ソデ半パンでいつまでも夏みたいな格好をしていると、

ノドがらがらになりますよ!






私のように・・・・・





ンーダンシンオールナイッ♪
コートバニスレバ♪



・・・・・・・。

あれ、年代分かっちゃいました!?(恥)



それはさておき、

先月のニュースで、

三洋信販が、過払い訴訟の証拠書類の提出で、

社員2人が、文書の改ざんをしていたとの発表がありましたねー。

アサヒドットコムによると

社内の「文書保存年限表」の10年保存から、

「契約証書・借用書の完済コピー」「貸付金元帳」を削除し、

2003年4月から、今年7月まで56件の訴訟の証拠として、

裁判所に提出した。社員は「返還額を抑えようとした」と話して

いるという。



スゲー「文書保存年限表」ですか。

考えましたね。

でも、一番重要なその部分を消したりなんかして、

よく、証拠書類として出そうと思いましたよね。

もう処分済という主張を通そうとしたのでしょうけど。


仮に年限表があったとして

10年たったからあの書類処分しよっかー

なんて事にはならないと思います。

だってね、77万2千口座あるんですよ。

多分ほったらかしでしょうけどね。

年限表自体、訴訟対策で名目上に作られたものでは無いかと

個人的には思うのですが・・・



以前からも、同社は、

返済の回数、金額を少なく計上したりして、

それが裁判中に発覚し、認めるなど、

取引開示に関しては消極的な姿勢があると聞いています。



企業としてのコンプライアンス(法令遵守)、そして、

社会に対してのモラルがさらに問われる事件でしたね。

--------------------------------------------------------------
過払い金強奪プロジェクト
「ワルの超借金返済術」
発行者 相田貴志

URL:http://go-pj.com/
お問合せ ask526@go-pj.com
-----------------------------------------------------------

前へメルマガTOPに戻る後へ

TOPに戻る